2006年02月19日

鎌倉に春が来ない

2月の中旬を過ぎても春がなかなか来ません。朝の9時頃で北鎌倉の気温は4〜5度程度でした。梅の開花が遅れています。円覚寺(写真左)も東慶寺(写真右)咲いているのはほんのわずかです。
060219円覚寺060219東慶寺







060219東慶寺マンサク
東慶寺にはすこしですがマンサク(写真)、ミツマタ、ロウバイが咲いていました。





niinuma_t at 15:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2006年02月11日

春はどこへ行ったか

鎌倉の春はまだ来ていません。海蔵寺ではウメもまだ咲いていません。わずかばかりのスイセンとフクジュソウがありました。浄光明寺もウメは全く咲いていませんでした。(写真は海蔵寺にて)
060211海蔵寺060211海蔵寺福寿草

niinuma_t at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月05日

ウメはまだか

66aef489.jpg北鎌倉には、昨夜短時間に降った雪がうっすらと日陰に残っていました。今朝の8時過ぎ大船駅の近くの電光板の温度表示がマイナス1度をさしていました。
円覚寺、東慶寺、浄智寺、どこもウメのつぼみは大きくなっていますが、咲いていません。浄智寺のロウバイのみが鮮やかな色になっていました。(写真、円覚寺)

niinuma_t at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2006年01月29日

瑞泉寺、荏柄天神、梅の開花が遅れてる。

瑞泉寺は、先週の雪のせいか、寒さのせいか、スイセンすら咲いていません。わずかにあるロウバイが咲いているのみです(左)。荏柄天神の紅梅も2輪だけしか咲いていません(右)。
060129瑞泉寺060129荏柄天神

niinuma_t at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

ロウバイが咲きだした。

先週の雪がまだたくさん残っています。北鎌倉も春がなかなか来ません。ちらほらとロウバイが咲きだしています。(浄智寺のロウバイ/写真左)
ウメはほとんどがつぼみの状態です。東慶寺の鐘楼の前もつぼみです(写真右)。円覚寺もウメは開花していません。
060128浄智寺ロウバイ060128東慶寺鐘楼

niinuma_t at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2006年01月21日

北鎌倉、大雪です。

昨日の遅くからの冷たい雨が今日の未明に雪になりました。夕方になってもまだ降り続いています。
北鎌倉も大雪です。雪の時はすぐ閉門してしまう円覚寺はずっと開いていました。写真左、円覚寺。写真右、浄智寺。
060121円覚寺雪の階段060121浄智寺雪

niinuma_t at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月14日

東慶寺、ウメはまだ咲かない

寒さが続くせいか今年の梅の開花が遅れています。東慶寺のウメもまだほとんど咲いていません。きょうは午後から大粒の雨が降り寒々としていました。
060114東慶寺鐘楼060114東慶寺地蔵

niinuma_t at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月07日

寒い新年です

ことしはとても寒い日が続きます。鶴岡八幡宮の源平池では、珍しく氷が張っています。オナガカモ、ユリカモメ、ハトが遊んでいます。こんなことは今まで目にしたことがありません(左)。宝戒寺のスイセン、ロウバイ等が咲きだしていますが、寒さのためかまだ少ないです(右)。
060107八幡宮源平池050107宝戒寺ロウバイ

niinuma_t at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年12月31日

明日は新年、戌年。

鎌倉は快晴、今年もきょうでおしまい。明日は2006年、戌年です。鶴岡八幡宮も新年を待っています(左)。若宮大路の材木店にも干支の犬が描かれていました(右)。
051231鶴岡八幡宮051231若宮大路

niinuma_t at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年12月24日

正月近し、本覚寺

051224本覚寺提灯051224本覚寺センダン正月を目前にして、鎌倉は観光客も少なくなっています。静かにのんびりと歩くにはいいと思います。本覚寺もすっかり正月の準備が整っていました。センダンの黄色い実がとても綺麗です。

niinuma_t at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年12月18日

朝比奈切通し、晩秋

051218朝比奈切通し落葉051218朝比奈三郎の滝朝比奈切通しは落葉の絨毯。少し遅すぎて落葉の色が茶色になっています。2〜3日早ければもう少し鮮やかかも知れません。朝比奈三郎の滝も落葉に囲まれていました。

niinuma_t at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月17日

本覚寺と妙本寺、初冬の風景

今年もあとわずか、晩秋から初冬にかけての風景。本覚寺では正月の準備が進んでいます。境内にはセンダンの黄色い実が青空に浮いて見えます(左)。妙本寺はまだまだ紅葉が綺麗です(右)。たぶん瑞泉寺も紅葉が美しいでしょう。
051217本覚寺センダン051217妙本寺紅葉

niinuma_t at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月11日

英勝寺と寿福寺、落葉と紅葉

英勝寺の駐車場はイチョウの落葉が綺麗です(左)。寿福寺は参道は紅葉が綺麗になっています(右)。
051211英勝寺落葉051211寿福寺紅葉

niinuma_t at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年12月10日

浄智寺の晩秋

浄智寺もすっかり葉を落とし晩秋の色が濃くなっています。今年は季節の移り変わりが早いです。境内はイチョウの落葉が綺麗になっています。
051210浄智寺落葉051210浄智寺落葉2

niinuma_t at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

円覚寺の紅葉あとわずか

今年の鎌倉はイチョウの黄葉は綺麗でしたが、紅葉はあまり綺麗ではなかった様な気がします。北鎌倉の円覚寺も晩秋をむかえて紅葉シーズンもあとわずかです。ヒメツルソバの群落が満開になっています。円覚寺から見た東慶寺遠望(写真左)。ヒメツルソバの群落(写真右)。
051210東慶寺遠望051210円覚寺ヒメツルソバ

niinuma_t at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年12月03日

獅子舞谷も紅葉のはじまり

ハイキングコースの天園に続く獅子舞谷も紅葉が始まりました。もう少し経った方が赤が綺麗になると思います。イチョウは散り始めています。山道はイチョウの落葉で黄色い絨毯のようになっています。最近、ここの紅葉もよく知られるようになったので、おおぜいのハイカーがおとずれて混雑しています。
051203獅子舞落葉051203獅子舞紅葉2

niinuma_t at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

鎌倉宮の紅葉

鎌倉では今紅葉の真っ盛りです。今年はイチョウの黄葉は例年通り綺麗だと思います。鶴岡八幡宮の大銀杏は来週頃が見頃です。荏柄天神社のイチョウは色づいていますがあと2〜3日経った方がいいと思います。鎌倉宮では紅葉が見頃を迎えています。
051203鎌倉宮紅葉1051203鎌倉宮紅葉2

niinuma_t at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

2005年11月26日

安国論寺も黄葉

安国論寺は、赤いモミジは少ないですが、イチョウの黄葉が今最盛期です。
051126安国論寺黄葉051126安国論寺黄葉2
今年は、鶴岡八幡宮の大銀杏、杉本観音寺の黄葉は枝を落としたりしたのであまり綺麗ではありません。

niinuma_t at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

八雲神社の黄葉

あまり目立ちませんが、鎌倉の古社の一つ八雲神社。ここでもイチョウの黄葉が輝いています。
051126八雲神社黄葉051126八雲神社注連縄

(八雲神社付近の地図)

niinuma_t at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術

北鎌倉は紅葉が進んでいます

北鎌倉はおおぜいの観光客でにぎわっていました。円覚寺も紅葉の真っ盛りです。少し早いのもありますが綺麗に色づいています。円覚寺選仏場(左)。仏殿(右)。
051126円覚寺紅葉051126円覚寺紅葉2








niinuma_t at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学術&芸術 | 学術&芸術