2005年10月

2005年10月29日

円久寺のコスモス

051029円久寺コスモスかってはたくさん咲いていた円久寺のコスモス。今では墓地の拡張等ですっかり少なくなりました。それにすでに最盛期は過ぎていますのでほんのわずかしか咲いていませんでした。

niinuma_t at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

ススキが白く光っている永福寺跡

永福寺跡のススキの穂が開き種子をつけ始めました。キラキラを白く光っています。セイダカアワダチソウは少し盛りを過ぎてやや色あせてきました。
051029永福寺跡ススキ051029永福寺跡ススキ2

niinuma_t at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

2005年10月22日

永福寺跡のススキ、セイダカアワダチソウ2

051022永福寺跡ススキ瑞泉寺の近く、二階堂の永福寺跡。セイダカアワダチソウの黄色い色が鮮やかになっています。
ススキも輝いています。ススキはもう少し経った方が綺麗だと思います。朝日や夕日の時間帯に撮ると一番いいのではないかと思います。しかし、来週になるとセイダカアワダチソウは茶色くなるのではないかと思います。

niinuma_t at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

2005年10月15日

永福寺跡、海蔵寺

永福寺跡ではセイダカアワダチソウが黄色花が咲き始めています(左)。北米産の嫌われ者の草花ですが、すっかり日本の秋を代表する花になりました。ススキがこの花に侵食されています。年々セイダカアワダチソウの方が増えてきています。ススキもセイダカアワダチソウも来週あたりが一番の撮り頃だと思います。朝は逆光になりススキが光って綺麗に撮れると思います。
海蔵寺は2メートルほどに背丈が伸びたシオンが山門の近くに咲いています(右)。
051015永福寺跡セイダカアワダチソウ051015海蔵寺シオン

niinuma_t at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1)学術&芸術 | 学術&芸術

2005年10月09日

ススキはもう少し

瑞泉寺近く、永福寺(ようふくじ)跡のススキの原っぱ。まだ穂先が開いていません。もう少し経った方が、白く綺麗になると思います(左)。瑞泉寺にはシュウメイギクが咲いています(右)。白色のほかに赤、ピンクも咲いています。
051009永福寺跡ススキ051009瑞泉寺シュウメイギク

niinuma_t at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

キンモクセイの並木、妙本寺

秋になり、路地を歩いているとキンモクセイの甘い香りが漂ってきます。妙本寺の山門に続く道にはキンモクセイの並木が続いています。たくさんあると香りも強烈になります。借り物の「デジタルカメラ E-300」で撮りました。
051009妙本寺キンモクセイ


niinuma_t at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

2005年10月08日

浄智寺のススキ

鎌倉はヒガンバナも終わり紅葉までには少し間があり目立った花はあまりありません。浄智寺にはススキが穂を出してきました(左)。残念ながら今年はカキの実が一つもついていません(右)。白いシュウメイギクが境内に咲いています。
051008浄智寺ススキ051008浄智寺カキ

niinuma_t at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

2005年10月02日

まだあるヒガンバナ

鶴岡八幡宮の横の通路。垣根に沿ってヒガンバナが満開になってきました(左)。こんなに遅く咲くのは2年ぶりです。まだまだ、撮影できそうです。降雨の日か、曇りの日が撮影日和です。
英勝寺のヒガンバナは盛りを過ぎていました(右)。先週の半ばあたりが良かったのかと思います。
051002八幡宮ヒガンバナ051002英勝寺ヒガンバナ

niinuma_t at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術

田谷のヒガンバナ

051002田谷ヒガンバナ051002田谷ヒガンバナ2鎌倉市と横浜市の境、田谷は横浜市になります。
先週の半ばあたりが満開だった田谷のヒガンバナ。きょうも、まだ撮れるところがありました。朝早く行きましたが光が強すぎてあまり綺麗になりませんでした。

niinuma_t at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学術&芸術 | 学術&芸術